胃の痛み解消.com TOP 》 胃の病気 危険信号

危険信号

空腹時や夜間にみぞおちが痛む場合は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の疑いがあります。放置すると貧血を起こす他、重い合併症を引き起こすのですぐに専門医の治療を受けましょう。

胃の痛みの原因は辛いものや甘味の強いもの、冷たいもの、コーヒーやアルコールの摂りすぎなどで胃の粘膜が荒れる急性胃炎や、暴飲暴食を続けることで胃液を分泌する消化腺の機能が低下して起こる慢性胃炎があります。

また、胃ガンでもみぞおちの痛みを伴うため注意が必要です。食べ過ぎなどをしていない場合でも頻繁に胃がもたれたり、胃が重く感じたりする場合は胃もたれが慢性化しているといえます。

そのような場合はまず、生活リズムを見直すことも大切になります。大きなストレスがある場合はそのストレスの元を解決する必要があります。どの原因にも当てはまらない場合は、胃の消化機能そのものが低下している可能性があります。

胃の消化機能を良くするには、やはり生活リズムを見直すことが大切になります。胃の細胞そのものが弱っていると胃液の分泌量が低下してしまうので、十分に食べ物を消化することが出来なくなってしまいます。

食生活も規則正しくしていて、生活リズムも正しいのに慢性的な胃もたれが起こるという方は胃潰瘍や十二指腸潰瘍など、胃腸そのものにトラブルが起こっていることも考えられます。本当に胃もたれであった場合でも放っておくと大きな胃の病気になりかねないので自己判断せずに、病院で診察することをお勧めします。



胃の病気