胃の痛み解消.com TOP 》 胃の病気 胃潰瘍

胃潰瘍

胃潰瘍とは胃の表面の粘膜が赤くなり、ただれて炎症を起こした状態を言います。胃の炎症が長く続くとその傷が深くなり、粘膜の下部まで胃液で消化された状態になります。慢性した胃炎を発症するとやがて胃潰瘍に移行していきます。

食べ物を消化するために胃液には強力な酸が含まれていますが、これを守るために粘液が分泌されています。しかしこの胃液と粘液のバランスが悪くなると、胃酸によって胃壁が刺激されてしまいます。これによって胃潰瘍が起こります。

初期症状は主に、食後にみぞおちのあたりにシクシクとした痛みを覚えます。また食事と関係なく痛んだり、夜間に痛むこともあります。痛みの症状と併せて胸焼けやげっぷ、胃もたれ、むかつきや嘔吐、さらに吐血や黒色便が症状として表れることもあります。

治療は薬物療法が基本となり、胃酸やペプシンの分泌を抑える薬、胃酸やペプシンの消化力を弱める薬、粘膜を保護する薬、粘膜を増加させる薬などを服用します。

ピロリ菌の関与が疑われる場合は、抗生物質を用いるピロリ菌除菌療法を行います。ピロリ菌を除去すると再発率が低下するといわれています。出血がひどいときは内視鏡下で止血をすることもあります。

胃潰瘍は一度なるとまた発症する可能性が高いので、注意が必要です。胃潰瘍は昔は中年の男性に多いと言われていた病気ですが、最近は女性や若い方でも発症している人が増えてきています。

ストレスの多い現代社会において胃潰瘍というのは、胃の代表的な病気と言えるでしょう。



胃の病気