胃の痛み解消.com TOP 》 胃の病気 胃ポリープ

胃ポリープ

胃ポリープとは、胃の粘膜上皮に局所的に隆起した上皮性の良性腫瘍のことです。ポリープには過形成(かけいせい)性ポリープをはじめ、胃底腺ポリープ、特殊なポリープとして腺腫(せんしゅ)、家族性大腸腺腫症などがあります。

ほとんどは良性ですが、まれに悪性(胃がん)の一種とされるものがあります。「胃ポリープ」は良性のものだけを指し、それに対して悪性のものは「ポリープ状がん」と呼んで区別することもあります。

原因は不明ですが、胃粘膜に炎症性の異常が起こった後に、それが自然治癒する過程で粘膜の細胞が過剰に再生され、そのために生じるものと考えられています。

簡単に言いますと、手などに傷が出来て治った場合、軽い傷であれば跡も消えますが、深い傷の場合は傷口が少し膨らんだような感じになって跡が残ることがあると思います。胃ポリープというのは、これと同じような状態が胃で起きていると言えます。

一般的には無症状で、胃X線検査や内視鏡検査で見つかる場合が多くなっています。しかし人によっては、胸焼け、もたれ、食欲不振、吐き気などの症状が出る場合もあります。

胃の粘膜細胞の増殖がみられる過形成性ポリープの場合は、10mm以上に大きくなると出血が見られることがありますが、癌化する可能性は低いとされています。大きさも5mm以下のものが多いので、あまり積極的に手術を行うことはありません。

胃炎を伴うことが多く、胃もたれ、膨満感などの症状が現れることもあります。



胃の病気