胃の痛み解消.com TOP 》 痛みの原因 胃液のはたらき

胃液のはたらき

胃では食物を消化するために、数種類の胃液が分泌されています。正常なときにはその分泌の絶妙なバランスと働きによって食物だけが消化され、胃そのものには何の影響もありません。

食べ物が胃の中に入ると、胃液が出てくるようになっています。この胃液の中には塩酸が含まれているので、食べ物の中の細菌を塩酸がほとんどやっつけるようになっています。また胃液の中の消化酵素が塩酸の助けを借りて、食べ物の消化を勧めています。

胃液は1回の食事で約0・5リットル、1日で平均2リットルも分泌されると言われています。しかしこれがストレスや病気などの何らかの影響を受けると絶妙なバランスが崩れ、胸やけが起こったり、胃痛、胃潰瘍になったりします。

胃液には次の三種類の成分があります。

■塩酸
pH1.0〜2.5の皮膚をただれさせるほど強い酸性です。この酸性によって食物を殺菌し、腐敗や発酵を防いでいます。

■ペプシノーゲン
ペプシノーゲンは塩酸によって活性化されてペプシンに変わります。ペプシンはタンパク質の大きな分子を細かく分解する消化酵素で、十二指腸での本格的な消化・吸収に働きかけます。

■粘液
胃の内壁が強い塩酸に侵されないように保護する働きがあります。塩酸などが分泌されても胃自体が消化されないのはこの粘液が分泌され、保護しているからです。

胃の壁というのは粘膜、粘膜下組織、筋層の3つから成り立っています。一番内側にある粘膜は、粘膜上皮ととても薄い粘膜筋板からできています。粘膜上皮には胃腺というものがあるので、そこから胃液が出るようになっています。



痛みの原因