胃の痛み解消.com TOP 》 痛みの原因 胃酸過多

胃酸過多

胃酸過多は、胃液の成分に含まれている塩酸の酸度が高くなる状態を言います。胃酸過多になるとげっぷが良く出たり、胸焼けなどの症状が出るようになります。

胃痛の原因には出すぎた胃酸による胃粘膜の炎症が考えられます。胃酸過多の症状は食後の1〜2時間後に起こるとされています。その状態が続くと胃壁まで傷つけて、胃潰瘍になる恐れもあります。

胃酸過多になる要因としては不規則な生活や食べ過ぎなどがあり、最も多いのは精神的なストレスになります。仕事や人間関係の悩みを抱えて胃が痛むということは少なくありません。このような場合はストレスを感じない環境で、出来るだけ安静に過ごすことで解消されます。

その他には、食生活にも気をつけることが大切です。香辛料、コーヒー、炭酸飲料など、胃の刺激になるような食事は避けるようにしてください。そして消化にいいものを摂るようにしましょう。消化に良い食べ物には卵や鶏肉、乳製品などがあります。

野菜は消化に良いように思いがちですが、繊維の多いものは胃の粘膜を刺激することになるので避けるようにしましょう。食事の他にも、生活を見直す必要もあります。夜更かしはしていないか、暴飲暴食などはしていないかどうかなどの生活習慣を見直すようにしてください。

どうしても辛い場合は薬を飲む方法もありますが、ひどい胸焼けや胃の不快感を感じたときは市販の薬に頼るのではなく、専門医に早めに診断してもらうようにしましょう。胃酸過多にも様々な原因がありますので、適切な処置を行うことが大切です。



痛みの原因