胃の痛み解消.com TOP 》 痛みの原因 胃粘液分泌の低下

胃粘液分泌の低下

胃の粘膜は普段は胃粘液によって覆われることで、強力な胃酸などの刺激から守られています。そのため、生活には欠かせないものと言えます。しかし、日常的な刺激によって胃のはたらきが弱まり粘液の分泌が減ると、胃粘膜が胃酸にやられて様々な炎症を引き起こすことになります。

胃粘液というのはストレス、タバコ、胃酸などが原因で減少しますが、年齢を重ねるとともに減っていくことが明らかになっています。胃というのは加齢とともに萎縮していくため、胃粘液の分泌も年を重ねるとともに低下していくことになります。

慢性的な胃炎を持っている方も胃粘液が減少しやすいとされれいます。胃粘液が減少することで一番考えられるのが、ピロリ菌が活性化するということです。ピロリ菌が増加することによって、胃ガンを誘発してしまう可能性も考えられます。

胃粘液分泌が低下する原因にも様々なものがありますが、日常生活による刺激が原因の場合はそれらを控える必要があります。喫煙やお酒が原因であればそれらを控える必要がありますし、ストレスが原因になっている場合はストレスの根本となるものを取り除くようにしましょう。

ストレスの根本を取り除くといってもなかなか難しいこともあると思います。そのような場合は自分にとって無理のない、いいストレス発散方法を見つけるようにしましょう。胃粘液というのもストレスによく反応するので、ストレス発散をうまく行うことで胃粘液の分泌を良くすることも可能になります。

胃酸はpH1・5〜2という強い酸性なので胃酸が胃自体を攻撃することになってしますので、胃酸をコントロールすることが大切になります。



痛みの原因