胃の痛み解消.com TOP 》 痛みの原因 いろいろな刺激

いろいろな刺激

胃痛は胃酸などの分泌が過多になり、胃に対する刺激が強くなることで起きます。胃を刺激する要素は以下のものがあります。

■アルコール
■タバコ
■辛いもの
■ストレス

これら以外にも様々な刺激がありますが、刺激から胃を守るためにもまずは胃に負担をかけない規則正しい生活を身につけることが大切になります。朝ご飯は食べないなど、1日3食をきちんと摂らない方が最近多いですが、不規則な食事というのは胃液の分泌リズムを崩して胃に負担を与えることになりますので、1日3食をよく噛んでゆっくりと食べるようにしましょう。

また眠っている時には胃腸も同じように休むので、寝る前の3時間前ぐらいからは何も食べない方がいいと言われています。起きてからもすぐに食べるのではなく、少し体を動かして胃腸も動き出してから食べるようにしてください。

胃の調子がよくない時は柔らかめの、消化に良いものを食べるようにしましょう。揚げ物などの油物は消化によくないので避けるようにしてください。

辛いものなどの刺激物はもちろんですが、極端に熱いものや冷たいものも胃の粘膜に刺激を与える原因になります。胃の粘膜自体が熱さなどを感じるわけではありませんが、かなりの負担になるので控えるようにしましょう。

刺激物の中にアルコールがありましたが、アルコールを飲むことが楽しみだという方もいらっしゃるかと思います。我慢してストレスが溜まってしまっても胃に良くないので、ほどほどであれば飲むのもいいかと思います。

その際はアルコールを飲む前に、牛乳やチーズなどの乳製品を食べておくと胃粘膜を保護してくれる効果があります。



痛みの原因