胃の痛み解消.com TOP 》 関連項目 ピロリ菌

ピロリ菌

正式にはヘリコバクター・ピロリ菌と言い、胃粘膜に感染する螺旋状の細菌です。胃炎、胃潰瘍の原因として最も多いものの一つで、胃ガンの原因とも言われています。

ピロリ菌は胃の内側の保護粘膜の中で繁殖し、胃酸に対する胃の保護機能を損ない毒素を出し、胃潰瘍を起こします。胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍にかかる人は、ピロリ菌に感染している率が高いことがわかっています。

ピロリ菌は現在の研究では口から感染していると言われ、母親が口移しで物をあげたりキスをすることで、子供にも感染している場合もあります。ピロリ菌は胃粘膜でしか生きられませんが、胃粘膜以外の生存条件が悪いところでは丸くなって、冬眠状態になります。そして口から口へと感染し、胃粘膜に入り込むと活動を始めます。

日本ですと、年齢を重ねるとともにピロリ菌を持っている人が増える傾向になります。40歳以上だと約7割が感染しているといわれています。人から人への感染がほとんどなので、家族内などでの感染が一番多いといえるでしょう。

しかし感染したからといって必ず病気になるとは限りません。そのほとんどの人は病気にならないと言われていますので、それほど深刻になる必要はありません。しかしピロリ菌がない方は胃だけでなく身体にもいいので、出来るだけ感染は防ぎたいものです。

最近ではゴキブリがピロリ菌を運んでくるのではないか?と言われていますので、台所などを清潔にしてゴキブリの駆除を心がけるようにしましょう。



関連項目