胃の痛み解消.com TOP 》 関連項目 胃の痛みと砂糖

胃の痛みと砂糖

胃の痛みの原因にはストレスがあります。人は落ち着かなかったり、イライラしたりなどのストレスを感じた時に甘いものが欲しいと感じます。甘いものが欲しいと感じるのは、それらに砂糖が多く含まれているからです。

砂糖は二糖類に分類されるもので、ブドウ糖と果糖が結合しただけの単純な構造をしており、簡単に消化分解されて吸収することができます。そのため、細胞が糖代謝をしてエネルギーを生み出すために必要なブドウ糖を得やすいので疲れが取れ、リラックスできるようになります。

一方で、砂糖による刺激が胃の痛みの原因になることがあります。砂糖は胃の中に入れば胃の粘膜を刺激することになるので、胃酸の分泌が過剰になり、胃酸過多で胃痛を引き起こします。

しかし胃が健康であれば、甘いものをたくさん食べたからといって胃痛などが起こることはありません。胃の調子が悪い時は糖分の摂取を控えるようにしましょう。

甘いものが欲しくなるということは、ストレスを多く感じているということが考えられます。ストレスが溜まると交感神経が強く動くようになります。そのことで自律神経のバランスが悪くなるので、胃酸と胃粘液のバランスも崩れることになります。

そうすると胃の調子も悪くなってきます。この状態のときに甘いものを食べると砂糖が刺激になって、胃酸の分泌が過剰になるため胃痛が起こるのです。甘いものを食べ過ぎて胃の調子が悪くなった場合は、糖分だけを気にするのではなく、ストレスがないかどうか、その原因を追究することが大切になります。



関連項目