胃の痛み解消.com TOP 》 胃の薬 消化薬

消化薬

消化薬は、胃腸管における消化吸収過程を促進するための消化酵素を主成分としている薬です。消化酵素は他の胃腸薬成分よりもデリケートなので、胃の酸が強いと効果が落ちるものも多いので、製剤に工夫がこらされています。

消化薬の一部には、腸での消化を良くするために胆汁分泌を増加させる成分を加えることもあります。消化酵素薬には、胃液の強い酸の中でもタンパク質消化作用を示す耐酸性のヒロターゼ、耐酸性の脂肪消化酵素リパーゼAを含む製剤や、胃液の作用による不活性化を製剤技術(腸溶性コーティング)により防いだ製剤などがあります。

また、でんぷん、タンパク質、脂肪および繊維素のいずれをも消化する耐酸性の消化酵素で、胃内、または腸内においても消化作用を現すマミターゼを含む製剤もあります。

日本人は炭水化物を摂取する機会が多いので、昔はジアスターゼというものが主に用いられていました。しかし食生活が変化するとともにタンパク質、脂肪の摂取量が増えてきたので、消化酵素を主成分とする消化薬が用いられるようになったと言われています。

消化薬は古い薬になりますが、安全性が高く大きな副作用というのもありません。また値段も低価格なので、手軽に購入することが出来ます。しかし胃の調子が悪いからといって毎回消化薬を飲んでいると、本来持っている胃の働きを弱めてしまうことになるので長期的な服用はしないようにしましょう。

胃の不調が治らない場合は必ず病院へ行くようにしてください。



胃の薬