胃の痛み解消.com TOP 》 民間療法 胃痛を防ぐ食材

胃痛を防ぐ食材

胃痛を予防するためにはまず規則正しい生活をして、正しい食生活を行うことが大切になります。暴飲暴食などは避けて、胃を労わるように生活習慣を行うようにしましょう。

寝る前に何か食べると寝ている間も胃が休めなくなって胃に負担がかかってしまうので、胃痛が余計にひどくなってしまう可能性もありますので寝る前は食事はしないようにしてください。早食いは胃に負担を与えることになりますので食事は楽しみながら、よく噛んでゆっくりととるようにしましょう。

また、胃痛を防ぐ食材というのもたくさんありますので以下に紹介します。胃痛を防ぐ食材として以下のものがあります。

■納豆
■山芋
■キャベツ
■にんにく
■ラッキョウ
■梅干し
■生姜

これらは炎症を抑えたり、消化促進や胃壁の粘膜の保護をしてくれる食材になります。胃の調子が良くないときは、これらの食材を使った料理を積極的に食べるようにしましょう。また、就寝前ホットミルクを飲むと胃粘膜を保護して、寝つきを良くしてくれる効果があります。

食材も大切ですが、その調理方法も気をつけなければなりません。焼く、揚げるなどの調理方法よりも煮る、ゆでるなどして、食材を柔らかくする方が胃に優しくなります。

食物繊維が豊富な野菜は胃にあまり良くないので、もし食べる場合はよく似て、柔らかくしてから食べるようにしましょう。また熱すぎるものや冷たすぎるもの、香辛料や辛いものなどは胃に刺激を与えるので避けるようにしてください。

消化に良いとされる食材には上に紹介したもの以外にも、ごはん、じゃがいも、さつまいも、豆腐、たまご、魚などがあります。



民間療法