胃の痛み解消.com TOP 》 胃の痛みの症状 げっぷ

げっぷ

げっぷは胃の中に溜まった空気が食道から出てくることで起こる生理現象です。炭酸飲料など気体が溶け込んだ飲み物などを飲んだ時にげっぷが出やすくなります。

赤ちゃんにミルクを飲ませた後には、げっぷを出させます。赤ちゃんのノドは、ものを飲み込みながら呼吸が出来るので、ミルクを飲むときに空気も入りやすいのです。飲み込んだ空気をそのままにして寝かせると、様子が悪くなったりミルクを吐いてしまうことがよくあるので、縦抱きにして背中を軽く叩きげっぷを出してあげます。同様の仕組みで、食事のときも少量の空気が一緒に飲み込まれます。

食べ物を消化する際にはある程度の空気が入っていた方が、胃の内部全体に胃液が行き渡りやすくなることから胃には元々ある程度の空気があります。胃の中にある空気は通常は逆流しないようになっていますが、食べ物と一緒に入ってきた空気が増えて内圧が高まると、その空気が逆流してげっぷが起こるのです。

げっぷは健康な状態でも出ますが、げっぷの原因が病気の可能性もあります。
食道と胃のつなぎ目にある食道括約筋の締まりが悪く、その度合いがひどくなると、空気と一緒に胃酸も食道に逆流し、食道の粘膜を傷つけてしまいます。これは逆流性食道炎といい、げっぷに胸やけを伴う場合はこの可能性があります。
また、胃痛や胃が張る症状と共にげっぷが出る場合、胃炎や胃潰瘍の可能性があります。胃に空気があまり溜まっていなくても、胃に不快感を感じげっぷが出やすくなります。
空気嚥下症の場合、食べ物の摂取とは無関係に無意識に大量の空気を飲み込んでしまい、げっぷがたくさん出たり腹部膨満感を覚えたりします。 げっぷをする回数がとても多いなど気にかかる場合は専門の病院で診察してもらうようにしましょう。



胃の痛みの症状